コロナで変化したこと。感じたこと。

その他

コロナウィルスによる自粛要請で、家族変化がありました。

不安でしかない自粛でしたが、結果として家族も絆を深めました。

ころなで「変化したこと」「感じたこと」をざっくばらんに紹介させていただきます。

 

① 生活

・夫が筋トレ始めた。

・夫が「お家で散髪」を始めた。

・私がブログを始めた。

・家族団らんでボードゲームしまくった

・家族同士LINEで「やることリスト」を共有した。

・家族で断捨離始めた。

・手間の掛かる料理にチャレンジした。

 

何故だかわかりませんが、今までに無いことを皆が始めました。

本能的に「やりたかったこと」やったのでしょうか。

何故か快適に感じました。

 

② 働き方

・パート休業により収入の不安あり。

・旦那はリモートワークが定着。

・通勤が無く快適。リモートワークでも問題なし。

・私がクラウドワークを探し始める。

 

不安からのスタートでしたが、始めてみると「快適」でした。

同じ意見の人が多いのではないでしょうか。

何より「お金」が掛かりません。「飲み」が無いので。

「飲み」が無くても、ストレスはたまりませんでした。

 

④ 娘の勉強(中学受験チャレンジ中)

・大手塾は通わなくてもOK?

・スタサプ始めた。

・ネットで問題集を選び、毎日取り組むことを習慣化した。

効果が高かったのは「ネットで探した問題集を毎日解くことを習慣化した」ことです。

大手塾に通ってますが、費用対効果が得られず、スタサプに乗り換えようとしました。

スタサプも、「テキスト」「問題のレベル」が娘に合わず、現在検討中です。

コロナ自粛中は、そもそも「中学受験て必要なのか?」「今後生きてく技術を身につければ良いのではないか?」と考えてしまいました。

娘の人生、幸せになってくれることを夢見てますが、何が正解か改めて考えさせられました。

 

⑤ 休日

・ウォーキング始める。

・外食しない。

・業務スーパーに通う。

ウォーキングはできるだけ遠くに、ただ途中で何かあると困るので「最寄り駅から沿線沿いを歩く」ことに楽しみを見つけました。

おすすめです!

家族版の「ブラタモリ」「「モヤサマ」のようで、身近なことでも楽しめることに気づきました。

自粛期間中、最長16キロ歩きました。

間違いなく、今後も家族で歩き続けると思います。 業務スーパーは「マクドナルド」をイメージし、ハンバーガーやポテト、チキンナゲットを作ったり、「焼き肉レストラン」をイメージしてサイコロステーキやおろしハンバーグを作って家族で盛り上がりました。

 

今までで家族と一緒にいた時間が長く、価値観が少し変わったかもしれません。

たいして「お金」も使わず、「仕事」も家にいても何とかなり、以前より「心にゆとりのある暮らし」をしているのでなないかと感じてます。

 

これからの人生、収入は減るかもしれませんが、身近なところで幸せを感じながら、支出をおさえて生活していくのもありだと思いませんか?