小学生におすすめしたいシリーズ本「若おかみは小学生!」

 

 もうすぐ子供の夏休みが始まります。普段より自由な時間が多い時に読みたいシリーズ本。我が家が親子ではまった「若おかみは小学生!」をご紹介します。

 

  

 

 

おすすめポイント

 主人公のおっここと小学六年生の(関織子)が、祖母が営む旅館で色々なアクシデントに遭遇するも、周りの人や幽霊に助けられながら若おかみとして成長していくストーリーです。

1巻か2巻で完結なので飽きずに読みやすいです。

この小説を通して、自分で考え自分で決めることの大切さが読書の心に響きます。

  

むすめ
むすめ

主人公のおっこは、おばあちゃんの旅館をよくする為に、自分で考えたことをあきらめないでやり通すのはすごいと思ったよ。

 

むすめ
むすめ

幽霊がちょこちょこ出て来て、おっこを助けてくれる所が面白い。

ライバルのなつきと助け合う仲になる話の展開も読んでいてワクワクしたよ。

 

まとめ

 飽きっぽい娘(小5)でも、次から次へと起こる事柄がおもしろくてスイスイ読んでいました。

夏休みに、親子で20巻を読破しようと思います。

また、読書感想文にもおすすめです。

 

おまけのおすすめ本

娘(小5)が日本テレビ「クイズあなたは小5より賢いの?」が好きで、親子でクイズを出し合って楽しく読んでいます。母親の私は、あらためて勉強になりました。